利用シーン

ディスカッションテーブルならV-CUBE

1.グループディスカッション

社員が集う情報交流の場つくりで、コラボレーションの質と効率を改善

グループディスカッション

全容把握と方向出しのスピードを向上

全容把握と方向出しのスピードを向上

これまでは、それぞれの発表資料をプロジェクターを使って順番に表示して説明していました。DTでは、発表者のデータを同時に(最大4台(4人)までの情報を)表示できますので、シームレスにそれぞれの発表内容を説明し相互理解のスピードが上がります。

並行作業による編集・修正作業の効率化

並行作業による編集・修正作業の効率化

これまでは、会議が終了してから修正作業をおこなっていました。DTでは、会議で議論しながら修正作業を並行して行うことができますので、飛躍的な作業時間の短縮が図れます。

参考情報・挿入情報を素早く確認できます。

これまでは、紙やホワイトボードのイメージ等は、資料編集の素材としての利用は困難でした。DTでは、その場でつくった紙資料やWB情報も直接カードとして取り込めるので、そのまま、校正や追加情報指示等に簡単に利用できます。修正作業をその場でできる様になることで、発表資料の編集・修正作業の飛躍的な時間の短縮を図れます。
(できあがった校正資料はその場で冊子印刷可能で簡単にレビューできます)

2.大型図面検討

大型紙図面や3D CADを使ったペーパーレス・デジタル図面検討(開発・設計)

大型図面検討

大型デジタル図面を紙図面のように扱うペーパレスシステム

大型デジタル図面を紙図面のように扱うペーパレスシステム

データベース上やパソコンにあるデジタル図面を瞬時に大画面テーブルに表示し、紙図面を扱うように書き込み等を行うことができます。また図面の拡大表示やシミュレーション結果等の他のデジタルデータを同時表示させ、検討を行うことができるペーパーレスシステムを実現します。

積極的な意見交換を生むテーブルを囲むスタイル

積極的な意見交換を生むテーブルを囲むスタイル

表示図面を囲い込む形で、コンテンツ(情報)に触れる参加型のコラボレーションスタイルですので、壁に投影された映像を見ながら行う通常の会議プレゼンスタイルより、活発な意見交換が行われる場作りが可能です。

理解度の向上と検討スピードの向上

理解度の向上と検討スピードの向上

持ち込まれたパソコンやタブレット端末の情報も、同時表示して簡単に比較検討を行うことができますので、状況の理解度が高く、統合的な判断を迅速に行うことが可能です。

3.現場報告・指示出し

現場報告・分析・指示出し (現場工事・施工、保守・メンテナンス用途)

現場報告・指示出し

現場状況の可視化

現場状況の可視化

各担当の端末を瞬時につなぎ、現場情報をいち早く把握し、分析・検討に入ることが可能です。また遠隔会議xSync Primeと連携することで、離れた拠点から情報を共有することが可能です。

分析・検討の効率化

本部分析担当の各端末の状況を同時に表示することで、多角的な検討と効率的な分業を行うことが可能です。また異なる端末の情報を統合することで、スピーディーな対策検討を実現します。

書き込みによるダイレクトな指示出し

書き込みによるダイレクトな指示出し

表示された分析情報にダイレクトに書き込むことで、言葉では伝わらない説明も、明確に指示出しを行うことが可能。初動のスピード向上に貢献します。

4.店頭販促・ショールーム

店舗内にお客様が集う新コミュニケーションスペースを創造

店頭販促・ショールーム

Impact (人を引き寄せる未来感と期待感)

Impact (人を引き寄せる未来感と期待感)

大画面マルチタップテーブルと、近未来インターフェースで入店されたお客様が自然と集まるスペースになります。これまでの店舗とは一線を画し、お客様を未体験ゾーンへ誘います。

Impression (わかりやすく印象に残るプレゼンテーション)

Impression (わかりやすく印象に残るプレゼンテーション)

マルチコンテンツ表示によるわかりやすい表示で、お客様の商品理解を深めると共に、大画面テーブルの迫力で一度見たら忘れないプレゼンテーションを実現します。

Future Style Communication(お客様とテーブルを囲んで触れ合う次世代コミュニケーションスタイル)

Future Style Communication(お客様とテーブルを囲んで触れ合う次世代コミュニケーションスタイル)

お客様と一緒にテーブルを囲みながら、一緒に情報を“触る” 新しいコミュニケーションスタイルです。

Entertainment(お客様も楽しみながらしっかり情報提供)

Entertainment(お客様も楽しみながらしっかり情報提供)

アイドリングタイムが楽しいひと時に変わり、お客様も満足していただけます。お客様自ら触りつつ、様々な情報を伝えることができ、アイドリングタイムが新商品広告・イベント告知など有効なプロモーション活動に変わります。
製品一覧ページへ

小・中・高等学校・大学向け

企業・団体向け