機能・特長

ディスカッションテーブルならV-CUBE

1.カードオペレーション機能

タッチパネル操作により、表示コンテンツはカード(紙)を扱うように自在に操作が可能です。

静止画・動画・アプリケーション等、様々なファイル形式の表示に対応

静止画・動画・アプリケーション等、様々なファイル形式の表示に対応

高性能グラフィック処理・マルチタッチ操作により複数カードのスムーズな同時操作が可能

xSync Table コラボレーションデスクトップ

タッチ操作によるカードオペレーション

タッチ操作によるカードオペレーション

2.メディアハブ機能

事前の準備なく各種情報端末を接続するだけで、アナログ、デジタル問わず必要な情報を、xSync Table上に簡単に表示します。

メディアハブ機能

3.表示マネージメント機能

情報を議論に合わせてわかりやすく表示します。共通理解のとれた会議を行うことが可能です。

表示マネージメント機能

4.マルチディスプレイ制御

サブディスプレイを接続(最大2台)することが可能です。コンテンツの複数同時表示や比較表示することで、訴求力の高いプレゼンテーションを行うことができます。

マルチディスプレイ制御

5.遠隔接続

遠隔会議システム(xSync Prime Collaboration)と連携利用可能です。
現場担当者ともコラボレーショが簡単に行うことが可能ですので出張費削減や時間効率の改善に貢献します。

遠隔接続

遠隔会議開催時は、サブディスプレイに投げ込み表示したコンテンツは、自動的に遠隔拠点とデータ共有されます。

6.その他の便利な機能

その他の便利な機能

製品一覧ページへ

小・中・高等学校・大学向け

企業・団体向け