xSync Table

ディスカッションテーブルならV-CUBE
仕様
xSync Tableの主な仕様
WWS-XT401
モニター部
ディスプレイ46型 FHD(1,920×1,080ピクセル)
タッチパネル10ポイント タッチパネル(静電容量方式)
専用PC部
パソコンOSMicrosoft® Windows7 Professional SP1 64ビット
CPUIntel® Core i7
メモリ8GB
LANポート1(Gbit Ethernet)
ソフトウェアプリインストール・「xSync Pro SCHEDA」 (コラボレーションデスクトップソフトウェア)
・「NetworkDisplay」 (PC画面転送ソフトウェア (レシーバー))
・「VisualSync」 (タブレット・スマートフォン画像転送ソフトウェア(レシーバー)
ユーティリティーディスク(同梱)・ネットワークディスプレイ (センダー)
入出力・接続周辺機器
入出力サブディスプレイ出力最大2(最大解像度 FHD)
音声出力最大2W+2W
接続 I/F 周辺機器USBポート6
ネットワークディスプレイ(ネットワーク仕様)ネットワーク TCP/IP, IPv4
その他
外形寸法W×H×D1,800mm×850mm×900mm
質量130Kg
電源AC100V±10V 50/60Hz
消費電力定格400W
動作環境温度範囲5°C~30°C
動作環境温度範囲20~80%(結露なきこと)
□テーブル上に仕様以上のファイルを表示した場合、動きが遅くなったり、停止する場合があります
サブディスプレイ推奨仕様
入力アナログRGB(D-sub15pin )、DVI、HDMI
解像度(Pixel)1920×1080(FHD)、1360×768(WXGA)、1280×1024(SXGA)、1280×768(WXGA)、1024×768(XGA)
xSync Pro SCHEDAの主な仕様
xSync Pro SCHEDAの主な仕様
読込ファイル静止画ファイルBMP、PNG、JPEG、GIF、TIFF (同時最大表示 20(FHD解像度))
動画ファイル3GP、m2ts、mts、WMV、MOV、MP4  (同時最大表示 4(FHD解像度))
アプリケーションファイルxls, xlsx, ppt、pptx、pps、ppsx, doc, docx、PDF (同時最大表示 4 )
ブラウザInternet Explorer互換(同時最大表示 2)
カード操作カード全体操作拡大・縮小、回転、角度アジャスト、キャプチャー・コピー、削除、切り出し、貼り付け
カード内コンテンツ操作ズーム in/out、表示向き調整(90度単位)
書込み機能書込み、指示ペン、消しゴム、手書き文字認識ペン
表示操作
その他
静止画ファイルカード表示位置ロック (カード単位)
最背面表示固定
カード一覧表示(整列)
その他ファンクションパネル(お気に入り)へのファイル登録
保存・印刷プロジェクト保存カードの表示位置、サイズを保存 (独自形式)
ファイル保存形式(1) 静止画: 静止画形式で保存・印刷
※静止画形式:JPG,PNG,BMP,TIFF,GIF,MHT,PDF、ページフリップ形式
(2) ブラウザ、ネットワークディスプレイ:保存時自動キャプチャーして静止画形式で保存・印刷
(3) アプリケーション、動画 : 読込みファイル形式で保存
印刷カードごとに印刷
サブディスプレイ
その他
画面制御数最大2(投込み方向設定可能)
表示時の動作カード表示のミラーリング
起動画面設定(1) インタラクションモード
(2) サイネージモード(設定されたプロジェクトを起動時に表示)
(3) xSync Pro SCHEDAを初期起動
アプリケーション
連携
遠隔会議連携
(xSync Prime Collaboration)
xSync Prime Collaborationのクライアント端末として利用可能
共有ディスプレイ設定(データ共有・TV会議画面設定)
※別途xSync Prime Collaborationが必要になります。
※遠隔での画面共有中は、カードの使用枚数が上記仕様の1/2になります。
持込みパソコンのデスクトップ表示 (NetworkDisplay)リアルタイムデスクトップ表示 (同時最大表示 4)
パソコンのリモート操作
※持ち込み側に別途ネットワークディスプレイが必要になります。
静止画送受信 (VisualSync)静止画像送受信 (Wi-Fi接続)
受信画面のカード内表示位置調整(90度単位)
※モバイル端末側に別途VisualSyncのダウンロードインストールが必要になります。
NetworkDisplayの主な機能・仕様
NetworkDisplayの主な機能・仕様
パソコン側OSMicrosoft® Windows Vista® SP2(32bit/64bit)
Microsoft® Windows® 7 SP1(32bit/64bit) ※1 ※2
Microsoft® Windows® 8.1 (32bit/64bit)
CPUIntel® Pentium®4 プロセッサ2.4 GHz 以上
Intel® Pentium®M プロセッサ1.0 GHz 以上
メモリ1GB以上 ※3
ネットワークTCP、IPv4 / 使用ポートプロトコル:1ポート 50005 (競合時は、以降100番を自動選択)
注意事項※1 記載以外のサービスパックには非対応です。
※2 Windows Aero機能はOFFにすることを推奨いたします。
※3 併用するアプリケーションやウィルス対策ソフト、画面解像度(UXGA以上)によっては、 増強が必要な場合もあります。

・マルチディスプレイには対応しておりません。
・センダーソフトウェア単独で利用した際の動作環境です。xSync Prime Collaborationと併用利用する場合はxSync Prime Collaborationの動作環境に準じます。
・PCの「画面のプロパティ」→「スクリーンセーバー」→「モニター電源」→「電源設定」の、「ハードディスクの電源を切る」「システムスタンバイ」「システム休止状態」を全て「なし」で使用してください。
VisualSyncの主な機能・仕様
VisualSyncの主な機能・仕様
タブレット/
スマートフォン
対応機種(iOS)iOS6.0以降
対応機種(Android)Android 2.3以降
読込みファイルBMP, JPEG, PNG, GIF, TIFF
画像拡大・縮小、回転、削除
書込み書込み・消しゴム
その他ホワイトノート機能
通信機能ディスカッションテーブルとの静止画像の送受信・保存
注意事項※対応OSのすべての機種で動作確認しているわけではありません。
※アプリは、App Store, Google Playからのダウンロードインストールが必要になります。(フリー)
※Microsoft,MicrosoftOffice および Windows は、米国 Microsoft Corporation の、米国日本およびその他の国における登録商標または商標です。
※Intel、Coreは、米国およびその他の国におけるインテルコーポレーションまたはその子会社の商標または登録商標です。
※iOSは、Ciscoの米国およびそのほかの国における商標または登録商標であり、ライセンスに基づき使用されています。
※iPad は米国およびその他の国で登録されているApple Inc.の商標です。
※Android、Google PlayはGoogle Inc.の登録商標です。
xSync Tableトップへ戻る

小・中・高等学校・大学向け

企業・団体向け