遠隔授業支援

V-CUBEの遠隔授業支援

ICTを活用した遠隔による協働的な学びを実現
人口過少地域による小規模校の教育の充実
離れた場所からの指導者養成・研修
V-CUBEの遠隔授業支援
V-CUBE

遠隔授業支援システムの4つの特長

1.簡単・シンプル(利便性の高さ)

覚えやすく、忘れない。簡単・ワンタッチ操作
ボタン10個のシンプル操作。指導に集中できます。ワンタッチ接続。
1.簡単・シンプル(利便性の高さ)

2.高音質 (高臨場感の実現)

遠隔でも教室内にいるような音質の提供
・業界最高水準(電話の約4倍)の音声コーデック(G.722.1 Annex C)を採用。
・ネットワークへの最適なチューニングにより、音切れの少ないコミュニケーションを実現。
2.高い伝達性能① (高臨場感の実現)

3.高い伝達性能 (つながる電子黒板)

画面共有・同時書き込みで遠隔の学び合いを実現
・授業を止めないデータ送信方式(2段階送信機能)
・自由に発話・書込を行うことができる
・複数教室からのインタラクティブな書込みが可能
3.高い伝達性能② (授業を止めない)

4.遠隔サポートにも使える

ICT支援やサポートにも効果的
画面共有や映像、リモート操作を駆使して、どこからでもサポートや相談・打ち合わせができます。
4.遠隔サポートにも使える

5.やさしい運用とセキュリティー対応(安心運用)

お客様の考えに応じた運用と高セキュリティー
・選択可能な運用形態 (システム導入時の設定)
・高いセキュリティー対応
 ①認証: 登録ユーザー認証+端末認証(高い秘守性)
 ②データ漏洩対策: Print Screen禁止、SSL暗号化等
 ③トレーサビリティー:参加者、利用データのログ
4.やさしい運用とセキュリティー対応(安心運用)

全国の学校が遠隔でつながる

xSync Primeアカデミックサービス

学校や教育関係者向けの遠隔授業支援サービスです。
リアルタイムに電子黒板上のデジタル教材やペン書き込みを共有できるxSync Prime Collaboraitonの機能、性能をそのままに、全国各地の学校や教育関係者が簡単に接続して、授業、打ち合わせ、サポートなど幅広く利用できる遠隔クラウドサービスです。

4.やさしい運用とセキュリティー対応(安心運用)

xSync Board(一体型電子黒板)との連動

xSync Board(一体型電子黒板)との連動

遠隔システムも“ワンボタン”で起動
遠隔システムも“ワンボタン”で起動)
操作ボタンイージーコントローラーに遠隔ボタンができました。
電子黒板のボタン操作で遠隔システムを起動できるので、はじめての方も抵抗無く簡単・スムーズに操作ができます。
タブレットを活用して遠隔でもスムーズに協働学習を実施
協働学習支援ソフトxSyncを利用することで教室内でのタブレットへの配信・回収・比較はもちろん、児童生徒から回収した回答の比較画面を離れた教室の電子黒板へ“ワンボタン“で共有できます。双方向でペン書きもリアルタイムで可能。
システム全体図(構成図)
システム全体図(構成図)
システム一覧表
システム一覧表
※1:60インチ ハイスタンドカメラ付きモデルで構成しております。他ラインナップも用意しております。
※2:xSync Pro (Windows,iOS,Android,Mac)対応版です。他のラインナップもご用意しております。
※3:クライアントライセンスソフトウエアをインストールするPC、インターネット接続環境、生徒用のタブレット、WiFi接続環境が必要です。遠隔授業を行うためには、カメラ、マイク、スピーカーが必要です。
教育ICT化ソリューショントップへ