電子黒板の特長

1.

誰でも使える、簡単画面操作

簡単な操作ボタン、直感的に操作が出来ます。

V-CUBEの電子黒板なら、「書く」、「消す」、「拡大」など授業で良く使う基本機能は、外部のボタン「イージーコントローラー」から操作できます。 面倒なメニュー画面が表示されて画面の一部が隠れてしまうことはなく、映している画面に、そのまま直接、書き込みが可能です。

誰でも使える、簡単画面操作

タブレットは、7つのボタンから操作。誰でも簡単に操作ができます。


誰でも使える、簡単画面操作
2.

教育現場に即した、学校専用モデル

生徒の考えを比較できる

V-CUBEの電子黒板xSync boardなら、取り込んだ生徒のノートや画面を分割して表示できます。比較して話し合うことで、協働学習の実施をスムーズに行える機能が満載です。

生徒の考えを比較できる

生徒の発表に

V-CUBEの電子黒板xSync Boardなら、生徒・子どもたちも操作がかんたんに出来るため、自分の考えを発表するのに手間取りません。自分のノートをカメラで撮って、すぐ画面に投影。発表用に資料や配布物を作成する時間を、考えをまとめ議論し合う時間にあてられます。

生徒の考えを比較できる

3.

「デジタル教科書」に連携する機能

デジタル教科書がすぐ使える

デジタル教科書を発行している教科書会社の専用アイコンをWEBからダウンロードします。 教科書ごとに登録すれば、マウスやキーボードを使わずに、デジタル教科書を画面から直接、呼び出すことができるリンク機能です。 授業の流れを止めずにスムーズにすすめることができます。

デジタル教科書がすぐ使える
特長
使い方
ラインナップ
オプション
教育ICT化ソリューショントップへ